早い効果が実感出来るスピードラーニング|シークレット英会話取得術

地球儀

海外で英語力を磨く

地球

英語圏に滞在する

英語力を身につける、特に、会話力の基本である「話す」と「聞く」のスキルを磨くには、独学も必要ですが、英語を公用語としている国や地域へ留学して、しばらく暮してみることが効率的です。日本人の少ない地域で生活するとなれば、頼る者がなくなり、自ずと英語力が磨かれるためです。英語留学というと、連想されるのはアメリカやカナダの北米、オーストラリアなどのオセアニア、イギリスなどのヨーロッパなど、選択肢は様々です。しかし、これらの国々は留学先だけでなく、観光地としても人気があり、いずれも先進国です。つまり、物価が高いため、これらの国で一定期間を過ごすとなれば、費用的にも負担が大きくなります。海外留学をする人は、会社を休職して収入が一時的にない人、あるいは学生なので、必然的に費用のかからない、つまり、物価の安い国を選択することになります。

物価の安い東南アジア

物価の安さは生活費だけでなく、留学に必要な授業料などにも影響します。物価の安さに注目すると、東南アジアなどの発展途上国が選択肢として浮上しますが、英語留学先として近年、人気があるのがフィリピンのセブ島です。フィリピンの公用語はタガログ語と英語であり、子供の頃から必然的に英語に親しんでいるため、英語のレベルは高いです。そのフィリピンの中にあって、セブ島の場合は治安も良く、観光地でもあるため、海外からの旅行客を受け入れる土壌がしっかりしているため、留学生を受け入れる学校施設や居住施設も整備されています。そして、常夏の国であるため、温暖な気候にあるため、季節の変化を感じることなく、体調管理は楽になります。さらには、日本からセブ島までは直行便で4時間程度の近距離で、時差も1時間しかない点で、日本人留学生には有利な条件が整っています。以上のような理由から、英語留学先としてセブ島を選択する人が増えています。